新幹線の格安チケットと長距離バスの比較

飛行機や新幹線、長距離バスなど行先や目的によって
いろいろ使い分けている方も多いことでしょう。
出張や旅行に行く場合の交通手段には何を利用していますか。

飛行機や新幹線の格安チケットを購入して、交通費を安く抑えている方もいるでしょう。
移動の速さで比較すると飛行機や新幹線の利用がおすすめですが、
価格で比較すると長距離バスが一番安いことがわかります。

新幹線の格安チケットを利用したとしても、
長距離バスを利用した方が運賃を安く抑えることが出来ます。

東京から大阪までの運賃を比較すると、新幹線は格安チケットを
利用して14000円、長距離バスは4200円と大きく違いがあります。

移動時間で比較すると新幹線は、2時間30分程度ですが、
長距離バスは9時間程度かかります。時間に余裕がある場合は、
長距離バスを利用した方が交通費を安く抑えることができて、
車中泊になるため、宿泊代もかからないメリットがあります。

新幹線の格安チケットを利用しても長距離バスの運賃より
安く抑えることは出来ませんが、目的に応じて使い分けることで、
交通費をお得にすることが出来るでしょう。

新幹線と長距離バスでの座席や移動時間の活用方法にも違いがあります。
新幹線は座席の間隔に余裕があり、リクライニングしやすく座席を
回転させて対面式でも利用することが出来るメリットがあります。

長距離バスは、シートベルトの着用で窮屈感があり、走行中に
自由に動くことが出来ません。移動時間は、新幹線、長距離バス
どちらでもパソコンを使用することは可能です。

メリット、デメリットを含めてどちらを利用するか決めると良いでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。