格安チケット航空券のデメリット

航空券の格安チケットは、安さが魅力ですが、
提示してある価格の他にも費用がかかることを知っていますか?

旅行代理店などで提示している格安チケット航空券の
価格だけで購入すると、あとで慌ててしまうことがあります。

格安チケット航空券の購入場所を問わずに
一律で請求されるのが、航空使用料です。

成田空港の場合であれば、大人で2040円の航空使用料が
取られます。原油高騰の影響で燃油サーチャージも徴収されます。

航空会社によって設定金額に違いがあり、
変動もしているので確認してから購入することが大切です。

旅行代理店で格安チケット航空券を購入する場合は、
店舗によって設定条件に違いあるため注意が必要です。

予約が可能な期間やチケットの受け渡し方法、
キャンセル料などについて問い合わせておくことが大切です。

格安チケット航空券を購入する際に
一番気をつけたいのは、キャンセル料金についてです。

出発前に予約が必要な格安チケット航空券は、
旅行代理店によってそれぞれ規定があります。

航空会社で航空券を購入した場合のキャンセル料金は
政府で決められていますが、旅行代理店での
キャンセル料金については、決まった設定がないため
独自のシステムを取り入れている場合がほとんどです。

条件が同じ格安チケット航空券でも、
キャンセル料金に違いがある場合もあるため、
万が一のためにも必ず確認しておくことが大切です。

格安で購入することが出来るメリットがある分、
キャンセルした場合に損をしてしまう
可能性が高いというデメリットもあります。

メリットとデメリットを知り、
賢く格安チケット航空券を利用しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。